Preview Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ルイスキャロルってロリコンだったんだ

アリスを最近読んだ訳じゃないんだけど、「鏡の国のアリス」の原題が知りたくなって検索してみた(それすら訳せない自称高1ってどうなの)。で、プロジェクト杉田玄白ってサイトを見付けた。色んな人が色んなものをとにかく勝手に翻訳しちゃえって感じの計画らしくて、聖書とかもちろん検索したアリスのもあった。更新してないのかなと勘違いしたけど、地味に更新してました。トップページに書いてある日付が2000年だったからちょっと疑ってしまいました・・・。それで、アリスの原題は“Through the Looking-Glass, and What Alice Found There”だそうです。長い。もっと単純なネーミングかと思ったら違うのね。日本訳は一目でシリーズ物だと分かるから、原題もそんなものかと考えてた。因みに「不思議の国のアリス」の原題は“Alice's Adventures in Wonderland”だって。こっちは何とか日本訳に近いけど(ワンダーランドとかもろ入ってるし)、鏡の方だけ訳したら全然違う題になりそう。それはそれで面白い。原題を見たついでに翻訳された文ではなく翻訳者のあとがきを読んでみた。そこに翻訳者なりの1作目と2作目の比較とか感想とか書いてあって、ロリコン話もそのうちのひとつ。でも(って変な接続詞だけど)独身のまま亡くなってる。これを言ったらキリがないんだけど、彼に娘とかがいたらストーリーも多少変わっていたかもね。

私は何年か前に両方ともハードカバーで読んだけど、何回見ても絵が特徴的。決して好きな方ではない。ウェブで見るんじゃなく、本の挿絵として見ていると少し気味が悪い。白黒なのがさらに怖く見せているのかもしれない。本を読む前からディズニーのアニメとかであらすじを知っていたせいで読む気が湧かなくて、文章を読む速度が遅くなった記憶がある。文章自体は全然憶えてもいないし、翻訳が少し古くさくて読みづらかった。そういう本だったら今の感覚で翻訳したものをかなり長くてもネットで読むかも。聖書はまた別だけど。とにかく、私は1作目の方が好きというか読むのが楽だった。

まだ、レイアウトを調整する気がしません。というか上手くいく気がしません。というか学校…

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Comment






 

Trackback

Trackback URL : http://cliff.jugem.jp/trackback/91
SEARCH
PROFILE
RECENT ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
OTHER