Preview Entry | Next Entry

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

 以前、生まれ変わったら鳥になりたいと思っていた。それがあまりにも平凡で同じ質問をされたら同じ答えを書く人が周りにいたから、猫にした。ちょうどその時周りにいなかっただけで、私だけが導き出せる世界で唯一の答えなんかじゃない。空も飛べない、広い世界も見えない、もしかしたら車にひかれて死ぬかもしれない。でも、今と同じような環境を違う視点で見られる。地面を少し近くに感じたり、塀から飛び降りることが大して怖くなかったり。一番好いのは人間を今より楽な視点から見られること。結局、人間は人間のことしか考えられないようにできてるのかな。

 2月はさすがに寒い。牛乳を飲むと十中八九腹が緩みます。乳製品なんて見たくもないと思いつつ、チーズは毎日のように食べていますが。賞味期限ぎりぎりのヨーグルトはなんとしてでも誰かに食べさせよう。私は嫌だ。

 読書してます。神曲は読まず、『吾輩は猫である』にしました。
かなり直球狙ってますね。読み始めて文語体とかなり当て字っぽい漢字の表現に驚きました。「六づかしい」って書き方も夏目さん風味だと思われます。他にも所々気になるところがあって遊び心たっぷりです。度々出てくる意味の分からない熟語とたまに出てくる馴染みのない複雑な漢字以外は、気軽に読める本だと思います。文章が書きたくなる文章ですね。圧倒させるのもいいですが、受け手に「自分もできる」と錯覚させる作品もすごいですね。と、やっと100ページに差し掛かる私が言っちゃいますが。これを読み終えたらきっと『坊ちゃん』を読み出すことでしょう。その次があったら……『草枕』ですか。実際は読めても坊っちゃんの途中まででしょうが、漱石漬けになるのでまた更新止めます。これが書きたかっただけ。相変わらず間は感動が伝わるといいな、くらいです。

そうだ、微妙の二乗って微妙がものすごく詰まってる気がしません?
 追記
文語体じゃありませんでした。この時代は少数だった口語体だそうです。文語体を読むには本文の厚さと同じくらいの注釈が必要になってきます。乳製品よりも嫌。

スポンサーサイト

  • -
  • -
  • -

Comment

  • 咲城
  • 2006-03-13
一ヶ月もレスできなくて情けなさ過ぎですね。
今度もう一度浅眠さんのブログにコメントするつもりですが、
ちょっとその前に気休め程度のご挨拶。
4ヶ月は長いですね、時計を選ぶ方が少ないんでしょうか?
コメントありがとうございます。
今21枚なので漱石ウォッチまでもうひと頑張りです。先ほど知ったのですが、集めたマークを新潮社に送り、プレゼントが届くまでには約4ヶ月かかるそうです…早く欲しいのに〜(笑)。
  • 咲城
  • 2006-02-07
お言葉に甘えて。
トラバとコメントありがとうございます。
「坊ちゃん」百年なら、ぜひ今年中に読んでおきたいなあ。
  • 2006-02-06
気楽に更新されたら

微妙に二乗は面白いですよ。





 

Trackback

Trackback URL : http://cliff.jugem.jp/trackback/111
  • 拝啓 夏目漱石先生
  • 2006-02-12
新潮文庫のカバーに付いているマークをコレクションしております。友人にも声を掛けて着々をあつまりつつあります。勿論、Yonda?clubの景品を手に入れるためです。しかし集まりそうでなかなか集まらない。新潮文庫って意外に買わないもんなのかも知れん。いろいろある
  • 地方の蛙
  • 2006-02-06
拝復(中略) 東風君、苦沙弥君、皆勝手な事を申し候。 それ故に太平の逸民に候。 現実世界にあの主義では如何かと存じ候。 御反対御尤に候。漱石先生も反対に候。 彼らのいう所は皆真理に候。 しかしただ一面の真理に候。 決して作者の人生観の全部にこれ無きゆ
SEARCH
PROFILE
RECENT ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACKS
ARCHIVES
CATEGORIES
LINKS
OTHER